連帯保証人が形骸化した|一棟売りアパートなどの不動産投資にトライしよう
男性と女性

一棟売りアパートなどの不動産投資にトライしよう

連帯保証人が形骸化した

模型

賃貸不動産の問題点を解消

近いうちにお引越しを考えている方は、連帯保証人になってもらえる方のメドをたてましょう。賃貸住宅を借りる際には、自分の信用保証をしてもらえる人をたてなくてはいけません。これは自分が何らかの事情により家賃が支払えなくなる状況になった場合に、大家さんや賃貸物件管理会社に対して家賃債務を保証しなければならないからです。この連帯保証人制度は古くからありますが、近年では連帯保証人をたてる事に抵抗感を感じる入居者が非常に多くなってきました。また、管理会社や大家側としても家賃滞納案件が急増している為、督促や裁判などの不動産管理業務が増えて円滑な不動産経営が困難になってきています。この賃貸不動産の問題点を解消できる制度として、家賃保証会社による収納代行、代位弁済サービスが支持されています。

大家さんの保険

家賃保証会社の業務内容は賃貸住宅への入居希望者に対して、有料契約で社会的信用を請け負い、大家さんや賃貸不動産管理会社に対し信用保証のお墨付きを与えます。この事により、賃貸住宅へのスムーズな入居サポートを行います。また、不動産オーナー側のメリットとして、入居者が家賃滞納などをしても家賃保証会社が一時的に家賃支払いを引き受けて立て替えを行う為、不動産経営を円滑にできます。家賃保証会社により保証内容に違いはありますが、家賃保証だけでなく夜逃げなどをした際に残された残置物の撤去や原状回復にかかる費用も保証している保証会社もある為、不動産オーナーの保険的な面もあります。家賃保証会社の利用は、賃貸不動産オーナーと入居者の双方に良い効果をもたらす仕組みとなっています。